背景
メイン画像

お塔婆の手配

~塔婆の起源は?~

塔婆は古代インドで「仏塔」という意味のサンスクリット語、「ストゥーバ」を漢訳したものです。

ストゥーバとは釈迦の遺骨を納めた塔で、これが五重塔の起源と言われています。

その五重塔を元に作られた、五輪塔が塔婆の起源です。


~塔婆の供養とは?~

年忌法要の場合、お墓にお塔婆を立てる習わしがあります。

(※ 塔婆を立てない宗派もあります)

塔婆は、故人や先祖を供養する追善供養の目的で立てられます。

塔婆を立てることが「善」とされており、故人の冥土につながると考えられております。


塔婆は、納骨、年忌法要、お盆、お彼岸、施餓鬼供養の時に用意します。

塔婆には、戒名・経文・梵字・施主名・供養年月日が記載されます。


*大師の杜墓苑ではお塔婆の手配を承っております*

詳しくは管理事務所までお問い合わせください。

ロゴ
















トップに戻る